SIROBAKO


本編は終わりましたが。DVD/BDが続いているので新作ってことで(w
P.A WORKSの働く女の子シリーズ第2弾ということですが働く女の子ってより女性って言う年ですよね~
私、この作品P.A WORKS製作の中で一番の名作だと思ってます。

畑は違いますが製作に少なからず携わる人間としては、共感するところや心が締め付けられる思いをさせられる作品です。
チーム仕事って、完成した時の喜びは一人で仕事するよりも沢山の人と共有できるので、一人の時よりも喜びもひとしおですが、それまでが大変、心を鬼にして無茶を言わなければならなかったり、いいにくいことを言わなければならなかったり・・・・締め切りとの戦いで胃が痛くなったり・・・・自分の実力の無さをまざまざ見せ付けられ、人知れず泣いたり。

そんなことを、思い出してしまうアニメですが、製作会社の実情がリアルに描かれています。

実社会でも起こりうることが描かれていることもあり非常に感情移入しやすい作品です。

DVD/BDの2巻のコメンタリーにゲストに板野一郎氏が出演しており、かなぁ~り現場のブラックねたを披露しており過酷な現場の現状を改善する為に奔走していることが語られています。それでもアニメに関わっているのって本当にアニメが好きで、好きで業界に入った人たちのことを本当に愛しているんだなーと感じさせるコメンタリーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です