ゼーガペイン


全26話

下田正美監督 作品

以前、とあるオタク業界の編集さんやラノベ作家さんと旅をしたときにその中の一人に、今面白いと思うアニメって何?と聞いたときに、このアニメに名前が挙がり六話まで絶対見てねと言われわけも分からぬまま、六話まで見てその後一気に見た作品です。意外だったのが、原作者に伊藤岳彦氏の名前があったこと。リューナイトとかビースト三銃士とかのイメージが強かった物で。
本放送当時は、知らなくて見ていませんでした。その当時は、そんなに人気が無くコアな人たちが、人伝に面白さを語ってファンを作っていった作品で、4年後限定生産ではあるがBD化されたという後のりで人気が出た作品です。

第一印象は、ロボットがCGなんだなーとか、オープニングがテンション低いなーとかゲームっぽい話だなーとか言う印象で6話までが意外とたるい・・・
これが6話を超えると一挙に印象が変わるのです。それまで語られなかった複線が6話から一気に出てくるのですが、あまりに衝撃すぎて閉口してしまいまいました。ストーリ構成が凄いんですよ~
そして、「生とは何か」ということを返し訴えかけてくる作品であります。

余談ですが、小説版を書かれている日下部匡俊氏を友人が主催する某肉を食べる会でお見かけしました。主催者の方とお友達だったんですね・・・・
あと音楽を担当されている大塚彩子さんが、小中学校の同級生の奥さんになってたという事実をフェイスブックで知ったときはあせりました(w

意外と身近な人が関わってるんだなぁ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です